2013年08月20日

オオカミと羊飼いのイソップ童話の塗り絵

オオカミと羊飼いのイソップ童話の塗り絵
オオカミと羊飼いのイソップ童話の塗り絵の下絵、画像

ミロ・ウィンターのイソップ童話の塗り絵
物語の塗り絵

オオカミと羊飼い(The wolf and the shepherd)
0-99-20-shepherd-kp-web.jpg
この下絵見本
0-99-20-shepherd-sen-web.jpg

200.オオカミとヒツジ飼

あるオオカミが、ヒツジの群の後について歩いていた。
しかしこのオオカミは、ヒツジを一匹たりとて傷つけようとはしなかった。
初めのうちヒツジ飼は、警戒して、オオカミの行動を厳し く監視した。
しかしいつまでたっても、オオカミは、ヒツジを噛んだり傷つけたりする素振りすら見せなかった。いつしかヒツジ飼は、オオカミを悪賢い敵ではなく、群の見張り役と見なすよ うになっていた。
ある日のこと、ヒツジ飼は町に用事が出来たので、
ヒツジたちを皆、オオカミに任せて出掛け て行った。
ところが、オオカミはこの機会を待ちわびていたのだ。
オオカミは、ヒツジに襲いかかると、 群の大部分を食い尽くした。
ヒツジ飼が町から帰ってきて、この惨状を目にするとこう言って嘆いた。
「こんな目に会うのも当然だ。オオカミなど信じた自分が馬鹿だった」

教訓;船は船頭にまかせよ。 −襲うのがオオカミですよ、人に頼まなくてはー。

タウンゼント版イソップ寓話集より

クレヨンぬりえ集
大人の塗り絵
動物の塗り絵
植物画の塗り絵
花々の塗り絵

浮世絵の塗り絵
誕生花の塗り絵
則さん

posted by クレヨン則さん at 21:16| Comment(0) | ミロ・ウインターの挿絵の塗り絵